美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

Panda<夫>がwineにはまった旅-③<オーベルジュ ドゥ シェ・マリー>

小布施ワインナリーを出発し、バスは一路宿泊先へ・・。 日もだいぶ暮れてきました。 まず蓼科東急リゾートへ。 ここに宿泊される方のチェック・インとオーベルジュでのディナーへ向かう準備を待ちます。 「えっ?!ドレスアップしてる・・・・!」  ここでPandaはちょっと動揺。 案内に<少しおしゃれして>とあったので、Pandaは<少しおしゃれ>の準備しかしていません。 どうやら、おばさま方と<おしゃれ>基準が違っているみたい・・・。 まっ、いっか。 
ともあれ、どっぷりと日が暮れる中、やっと<オーベルジュ ドゥ シェ・マリー>に到着です。

e0041876_1120673.jpgチェック・イン後Pandaなりのおしゃれをしてディナーへ。 ツアー用のメニューが手作りで用意されていました。 信州の銘酒にあわせた地元食材の料理・・・。 本当に楽しみです。

(料理の細かい感想は「パンダ通信」へ)




e0041876_112596.jpg
ワインは、ソムリエール(シェ・マリーのマダム)が解説をしてくださいます。 以下はPandaの個人的な感想。
1.五一ワイン ナイヤガラ スパークリング
  口に含んだとたん、ナイヤガラの甘い香りと味が広がります。 
  酸もしっかりとしていますが、料理との相性は今ひとつ(料理は
  ボタンエビと山芋のタルタル)。 繊細なエビの甘みをワインが
  消してしまう気がするのですが・・・。
2.メルシャン 長野シャルドネ 2001  
  辛口ですっきりとしたスタイル。 樽の香りを最後に強く感じる。
  繊細な果実味と樽のバランスが今ひとつとれていない感じ。
  もう少し、熟成させてから飲んでみたいなぁ。
3.アルプス 竜眼2002  
  通常この品種は樽熟成をさせないが、樽熟成をさせているとの事。
  ソーヴィニヨン・ブラン+ゲヴェルツトラミネール+日本酒大吟醸
  見たいな感じ。 後味はすっきりと、余韻はやや弱め。
  料理(秋刀魚)との相性は良かったです。
4.小布施ワイナリー ドメーヌ・ソガ・メルロー2002  
  豚脂身の旨みとの相性を楽しんで欲しいとの事でした。 
  青い柏の葉の香りやアルコールに起因するミントのような香り、青いインクの香りなど、まだまだ若いワインの香り
  に満ちていて、豚脂身の甘い香りを消してしまう気がしました。 若いメルローが苦手なもので・・・すみません。
5.メルシャン 桔梗ヶ原メルロー1998
  チーズとあわせて・・・。 実は1年位前に同じワインを飲んだことがありまして・・・その時は若くって、ちょっと苦手
  でした。 ワインってわずか1年でもこんなに違うのねぇ~っていうくらいに落ち着いて、まだまだ若い香りは残って
  いるのですが、落ち着いて味わえるワインに変化しておりました。 
6.マンズ 信濃リースリング2002
  マンズワイン開発の交配品種(リースリング x シャルドネ)を使い、「ジュース・リザーブ法」(ブドウ果汁の一部
  を発酵させずに、仕上げにブレンドする方法)でつくったワイン。 半甘口でデザートとあわせて・・・飲んだはずな
  のですが、印象に残っていません。 お酒に弱いPandaはこの辺りで、既に認識機能崩壊・・・・。

                                         というわけで、夜は更けていくのでした・・・・。

e0041876_1293039.jpg朝・・・初めて<オーベルジュ ドゥ シェ・マリー>の全貌が明らかに。 昨日は真っ暗でしたから入り口しか見えなくて・・・。 自然に囲まれたよいところだったのですねぇ。 朝食に頂いたトマトがあまりに美味しくてシェフに尋ねたところ、地元産のものとの事。トマトの季節だと、もっと美味しいのでまた来てくださいといわれたのですが、未だ実現出来ず。 実はこのとき露天風呂を建設中でした。 勿論、もう出来上がっているようです。 HPはこちら

<オーベルジュ ドゥ シェ・マリー>でのPanda<夫>のご機嫌指数:
                                       レベル5
美味しいワインと料理+たっぷりの睡眠で目覚めもすっきりだったようです。

<続く>
[PR]
by allegria2i | 2005-08-13 12:29 | ’03 日本ワインの旅
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30