美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

南フランスのピノ・ノワール

ピノ・ノワールはブルゴーニュ・・・なんて思い込んでいませんか??
早飲みをするなら、少し暖かい気候の地域のピノ・ノワールがお薦め。。。

とはいえ、暑すぎると・・・・
皮が厚くなってタンニンが強く、酸味のバランスも崩れてしまうので
その辺りが難しいところ。。。。
e0041876_1136181.jpg
Domaine Astruc ピノ・ノワール2007

ラングドックVin de Payのピノ・ノワール。
上代¥1,000代全般、とお手ごろ価格です。

2007年がどんな気候だったかは、すっかり忘れましたが
(確かラングドックの方はあまり良くなかった???)
タンニンの酸味のバランスが良く、
アルコール度数13.5%の割にスルスル飲めてしまう。。。
少しガメイのニュアンスも感じられ(まぁ、親戚ですから・・)、
赤い果実の作りたてのコンヒィの香りが
、初々しい感じで飲んでいて楽しくなりました。

こちらの作り手・・・・いろいろな品種を手がけていますが
お薦め一番はピノ・ノワールとシャルドネ、
次にソーヴィニヨン・ブランとミュスカデ。。。
(我が家は白ワインを飲む機会が多く少々偏っておりますが・・・)

いずれにせよ、とってもコストパフォーマンスが良いので
見つけたら買ってみても、損はないと思います。
[PR]
# by allegria2i | 2009-03-05 11:45 | デイリーワイン

コメント欄について

コメント荒らしが出没しているので
コメントを承認制にいたします。
記事に反映されるまで、時間が掛かることもありますが
ご了承下さい。
[PR]
# by allegria2i | 2009-01-31 21:28 | その他

イタリアに行ってました。。。

11月中旬~下旬にかけてイタリアに行ってました。
Cantinaを2ヶ所、グラッパの醸造所にも行きましたョ。

今回は、イタリアの北東のはずれ・・・フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州。。。
ワインのイメージは全然なかったのですが、、、、
以前はオーストリア領、現在はスロヴァキアとの国境・・・・ってことで
いろいろな発見がありました。

まだ整理中ですので・・・・いずれご報告しま~す。
[PR]
# by allegria2i | 2008-12-09 23:55 | イタリアワイナリー訪問

あだたら吟醸 奥の松

e0041876_15193996.jpgあだたら吟醸 奥の松

福島県二本松市<奥の松酒造>の吟醸酒。
おでんとあわせてみましたが・・・・・
何とふくよかで華やかな香り、、、
そして、軽い飲み口、、、
日本酒を飲んで「爽やか」と感じたのは、始めてかも・・・。
日本酒独特の麹の香りがするのに、何故か口の中に残りません。
まるでワインのような・・・食中酒にぴったりの日本酒です。

日本酒業界においてほとんど普及していないパストライザー(瓶詰め後殺菌設備)という方法で火入れしているらしいです。
普通の方法よりも、仕上がった瞬間の香りと風味を封じ込めことができると瓶の裏ラベルに書いてありました。
なるほど・・・・・飲んでみて、その意味を改めて納得、、、っていう感じ。

お値段も1,000円以下(4合瓶)とコストパフォーマンスも抜群に良い日本酒でした053.gif
[PR]
# by allegria2i | 2008-10-23 15:28 | その他

カストルッシオ・ロッソ [2005] イ・カンペッティ

e0041876_15111763.jpgカストルッシオ・ロッソ [2005] イ・カンペッティ
Castruccio Rosso 2005 I Campetti 


10月の料理教室のときにお出ししたワインです。
イタリア・トスカーナ産のサンジョベーゼ主体の赤ワイン。
カテゴリーはモンテレッジョ・ディ・マッサ・マリッティマというDOCになります。
サンジョベーゼ主体(80%)ということで、有名なキャンティと似たニュアンスですが、
サンジョベーゼ特有のタンニンや酸味が穏やかで、家庭料理にあわせるにはピッタリ!!
輸入元がユーロ高の時に仕入れたので、1,500円前後と少々お高めでしたがコストパフォーマンスは抜群だと思います。

コチラのお店で買いました(通信販売有り)。

*やっとユーロが下がってきました053.gif
 少しは欧州産のワインや食材の値段が下がると良いのですが・・・・。
 (効果がでるのは、年明けかな?? しばらく、この状態が続きますように。。。)
[PR]
# by allegria2i | 2008-10-23 15:18 | デイリーワイン

夏の陽 2007 by 四恩酒造

e0041876_10421825.jpg夏の陽 2007

名前の通り・・・・
夏の季節に飲むべきスパークリングワイン。。
開ける機会がなく、、、
10月5日にイタリアンとあわせてみました。

栓は・・・<王冠>。。。。
何だか、それだけで親しみが湧いてしまいますねぇ。

泡立ちは、差ほどきつくなくお食事とあわせるのに丁度良い感じ。
シャルドネだけで造られているのに、程よい複雑さもあり・・・・
かと言って、料理とあわせるとちゃんと脇役に徹してくれる・・・・
とっても飲み心地の良いスパークリングです。

程よい酸味、柑橘系+素朴な草(ハーブというよりも<草>です)の香りが、何だかまったりとした気分に・・・・。

四恩酒造さん、他のシリーズも試してみましたが一番好きです。

P.S. 四恩酒造のエチケットは全てお花の絵・・・。 見ているだけでも癒されてしまいます。。。
[PR]
# by allegria2i | 2008-10-09 10:52 | お気に入りの一本

ラ・セーサ・マルヴァジア・ディ・トスカーナ [2006] イ・カンペッティ

何だか、とっても久しぶりに・・・・ワインの記事をUPしているPandaです。。。

e0041876_14261515.jpg
"L'Accesa"Malvasia di Toscana
ラ・セーサ・マルヴァジア・ディ・トスカーナ [2006] イ・カンペッティ


名前の通り、トスカーナで造られたワイン。
イタリアではポピュラーな品種<マルヴァジア>で造られています。

・・・・・正直、、、、
この品種には、差ほど期待も思いいれもなく、
今まで飲んでいるはずなのですが、印象も薄く・・・・
どんなもんだろうかぁ~と料理とあわせてみました。

単一ではなく100種類以上もあるマルヴァジア種の中の2種類で造られているせいなのか・・・
柑橘・ハーブ系でスッキリしつつも、、、イタリアンに合う感じの適度な複雑さと厚み・・・。
なかなかグーッな感じです。
ちょっとだけ感じる甘みが、さつまいものリゾットと良く合います(かなり満足053.gif

ユーロが一番高い時期に仕入れをしたらしく・・・
いつもよりもちょっとお高かったですが、、、、
コストパフォーマンス的には072.gif072.gif072.gif072.gif

コチラのお店で買いました(通信販売有り)。
[PR]
# by allegria2i | 2008-09-24 14:35 | デイリーワイン

『睡龍』 久保本家酒造(奈良の地酒)

ワイン中心のブログなのに・・・・
日本酒ばっかりで040.gif
最近、和食が多いものでついついクピっと。。。。

e0041876_205494.jpg
『睡龍』 純米 無濾過生原酒
口の中にふっくらとした麹香がキレイに広がる。
しっかりとした米の甘みの脇を酸が縁取るような相乗的な味の厚みを構成しています。
ほどよく余韻もあり、切れもあるので食虫酒として睡龍を十分に堪能できます! 
(by 久保田本家酒造HP)

個人的には・・・・
口に含んだ時に麹香が<キレイ>というよりは
<ドスン>ときてからググーっと広がる感じ。。

味わいは複雑で、強い麹香だけど
飲み疲れなく、、、というよりも
飲めば飲むほど飲みたくなる・・・
そんな日本酒です。
アルコールに弱いPandaもついつい2杯飲んでしまいました。

ある意味と対峙した感じですね。
秋の夜長・・・・日本酒をチビチビいくのも、また楽し053.gif
[PR]
# by allegria2i | 2008-09-13 21:02 | その他

美味しい日本酒 ~ ライスワイン??

e0041876_1513979.jpg
『会津娘 つるし』

會津娘『つるし(火)』は、醪を入れた酒袋を吊るし、滴るしずくをあつめてそのままびんに詰馬手いるとか。
びんに詰めてすぐに、びんのままで一度だけ“火入れ”という加熱処理をしてあります。

で・・・・・どんな味わいかと申しますと。。。。
華やかな香りで味わいも柔らかいのかなぁ~と思いきや、
実は<骨太>さんで、かといって重すぎず・・・
夏に冷やしてグイグイ飲んでしまいそうな・・・
ある意味、危険な日本酒でした。 

「飲んでいてストレスを感じない日本酒」です。
プレスせずに絞っているせいでしょうか???
プレスせずに葡萄を搾っているらしいアルザスの造り手、マルセル・ダイスのワインを飲んでいるのと同じような感覚です・・・・。

不思議・・・039.gif日本酒=・・・・ライスワインかぁ~。

こんなのも飲みました・・・・
[PR]
# by allegria2i | 2008-08-31 15:26 | その他

お手ごろワイン 

遅くなりましたがぁ~、、、、、
先週の土曜日に『パスタとワインの会』をPanda宅にて開催しました。
e0041876_10101471.jpg
ワインは2000円台以下のカジュアル&デイリーに飲めるものばかり・・・。
値の張るものばかりでなく、こんなワインでワイワイするのも楽しいものです。
ワインに詳しい方から初心者の方まで・・・幅広いあつまりでしたので、ワインも幅広く楽しめるものを用意しました。

あわせた料理はこちらをご覧下さい。

ワインの簡単解説&感想は・・・・・
[PR]
# by allegria2i | 2008-08-17 10:27 | デイリーワイン
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31