美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

ワインスクール オーストラリア編

授業の様子は「パンダ通信」をご覧下さい。

オーストラリアワイン試飲アイテム
e0041876_1125161.jpg1.ルーウィンエステート ブリュット 2000(スパークリング)
2.トレヴァージョーンズ ヴァージン 2003(白/シャルドネ)
3.ヘンシュケ リットンハンプトン 2001(白/ ピノ・グリ)
4.トルブレック ザ・スタンディング 2002(赤/グルナッシュ 他)

5.シャトー レイネラ カベルネ・ソーヴィニョン(赤/カベルネ・ソーヴィニョン) 
6.ヤラ イエリング ピノ・ノワール(赤/ピノ・ノワール)

詳しいコメントはこちら
[PR]
# by allegria2i | 2005-08-06 12:21 | ワインスクールにて

ワインスクール ニュージーランド編(パンダ通信 7月22日より抜粋)

ニュージランド編。 授業の様子は 左(エキサイトブログ)の「パンダ通信」を ご覧下さい。
こちらはPandaのマニアックなコメントを書いていきます。

6種類全部をコメントするのは長すぎるので、Pandaの琴線に触れたワイン中心にお送りします。

~ワインリスト~(テイスティング順)
(1)ナンバーワン エステート キュヴェNO.1(スパークリング)
(2)ゴールドウォーター ニュードック マールボロ 2004(白)
(3)ヘルツォーク マールボロ ピノ・グリ 2003(白)
(4)フェルトンロード セントラル・オタゴ 2003(赤)
(5)モンタナ マールボロ フェアホール・エステート 1999(赤)
(6)プロヴィダンス 1996(赤・マグナム)

詳しいコメントはこちら
[PR]
# by allegria2i | 2005-08-06 10:06 | ワインスクールにて

はじめまして・・・Pandaです

10年余前、友人に誘われてのワインバー・・・・。 ボルドー・サンテミリオン衛星地区の『シャトー・サン・ジョルジュ』を口にしたのがワインとの出会いでした。 あの時の衝撃・・・舌の上にまろやかに広がる香りと柔らかな舌触り・・・は今でも忘れられません。 そして、この時にワインと出会ったことがPandaの運命も変えてしまったのです。 

誘われるままに、ワインスクールでワインを勉強していくうちに友人も増え、お決まりのワイン会。 会場にPandaの自宅を提供しているうちに料理にもはまり、今は「食クリエーター」という新しい分野を開拓中です。

”ワインを飲んで愚痴を言う人はいない”=いつでも、どこでも楽しい時間を与えてくれるワイン。国境を越えて、言葉の壁を越えて、その場にいる人を皆happyにする力がありますよねぇ。

e0041876_9322796.jpgちなみに赤ワインは渋くて苦手と思っていたPanda(夫)(=某ワインスクール中退)が赤ワイン好きになったきっかけのワインがこれ。 今でもビロードのような舌触りが忘れられないと言っています。 <夫婦でブルゴーニュの古酒好き>のPanda家の財政崩壊はいつ訪れるか、などとドキドキしながら、ワインを楽しんでいます。  もっとも、日頃はもっと手軽なワインを飲んでいますが・・。
 

 
[PR]
# by allegria2i | 2005-08-06 09:45 | その他
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー