美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

'04 ボルドー&シャンパーニュ-⑩サンテミリオンからの帰路のバスにて・・

Panda<夫>ですぅ・・。
<妻>のフィレンツェでの生活がスタートしました。 しばらくは、ピンチヒッター(アッパーかな)として手元にある原稿をアップしますぅ。

e0041876_739445.jpg

朝8時に出発、この日の予定をすべて終え、バスは一路ホテルへ。
バスの中でのPanda<夫>&Pandaの会話の一部を再現します・・・。

<夫>:ところでワインは世界中に広まるのに、何で日本酒は広がらないの?

Panda :ワインはブドウの種類+醸造地域&醸造者の数のヴァリエーションがあるから、
     料理との汎用性も広くて、販売促進もしやすいんじゃないの?

<夫>:それに、ヴィンテージの差も結構あるよねぇ。 AOCのワインはいろいろな年の
     ワインを混ぜることが出来ないから。 AOC自体がブランドになっているし。
     色々な意味で、どんどん幅が広がるわけだ・・・。

Panda :あと、日本酒の麹の香りって独特だから、なかなか日本料理以外とあわせる
      のって難しいのよね。 その点、ワインの香りって複雑だけと無難な感じだし。

<夫>:じゃあ、日本料理と一緒に日本酒を広めるってできないのかなぁ?

Panda :今、外国に紹介されている日本食って<刺身、寿司、焼き鳥、すき焼き>
     みたいなちょっと練習すれば出来るものが多いの。 でも、本来日本食の文化って
     包丁の技術の文化・・みたいなところがあって、なかなか外国人には習得するのが
     難しいのよね。 日本人って本当に器用だから。 それに、日本食って出汁を使う
     ものが多いけど、外国では魚で出汁をとる食文化があまり深くはないので、外人は
     魚の出汁を「生臭い」と感じるみたい。 もっとも、最近は日本食はヘルシーっていう
     ことで、食べる人も増えているけどやっぱり「寿司バー」止まりっていう感じだし。
     それに、麹の香りも多分外人には強すぎて、受け入れられ難いんじゃないかなぁ。

<夫>:それじゃ、日本酒をワインみたいに世界中に広めるのは難しいってことかぁ・・(溜息)。

Panda :でも、日本酒の古酒って紹興酒みたいな感じになるから、料理との汎用性もある
     し、麹の香りも気にならなくなるけど・・・。

<夫>:「日本酒協会」(ってある?)みたいなところがちゃんと世界の食文化とかマーケティ
    ングの調査をすれば、日本を代表する輸出品になり得る可能性はあるわけだ!

Panda :ワインの造り手が一生懸命造ったものを「フランス食品振興会」が世界中にプロ
     モーションをするみたいな・・・。

<夫>:日本人は縦割り組織を作るのは上手いけど、横の繋がりを強める組織作りは苦手だ
    からなぁ・・。でも、やっぱり日本酒をもっと世界に何とかアピールしたいよね。

など、など・・・・書ききれないくらい、終始『日本酒をどうやって世界に広めるか』について真剣に話していました。

フランスに来て、『日本』を違う視点から見ることが出来たのかもしれません。

<次回はホテルのディナーとワインのマリアージュのお話>
[PR]
by allegria2i | 2005-09-29 07:53 | ’04 フランスワインの旅

お知らせ・・・

明朝より約1ヶ月、Pandaは料理修行の旅に出ます・・・・。

フランスのボルドー・シャンパーニュ旅行記は、原稿を書きUPを夫に託しておりますので、
数日に一回はUPしてくれるはず・・です。

10月半ば位には、現地フィレンツェの様子(エノテカの写真とか・・・)も徐々にUP出来れば
いいなぁ・・なんて思っています。
e0041876_10321490.jpg

コメントのお返事は出来ませんが、たまには覘いてみてください。
                                           
                                          from Panda
[PR]
by allegria2i | 2005-09-24 10:34 | その他

マディラン セミナー

先日、ワインスクール<マディラン>のスペシャルセミナーがありました。 先生が実際に訪問されて感動されたという『Vignoble Laplace(ラプラス家)』のワインを楽しむセミナーです。
あまり知られていない地域なので、セミナーの内容も踏まえながら、簡単な説明を・・・。

<マディラン>:フランス南西部地方にあります。 ボルドーからずっと南下してピレネー山脈を一望できる丘陵地帯です。 スペインの文化との交流点、バスク地方の入り口に当たる場所です。 

『ラプラス家 Vignoble Laplace』:19世紀にフランス国内のぶどう畑を恐怖に陥れた、うどんこ病、フィロキセラ・・・。 壊滅状態になったフランス、南西地方のこの地にフレデリック・ラプラス をはじめとした、ぶどう栽培家達はぶどう栽培を再開しました。
そして、ぶどう樹は見事立ち直り1961年、フレデリック・ラプラスは、自家栽培、自家醸造の元詰めワインを手掛ける『ラプラス家 Vignoble Laplace』を興しました。
現在、息子のピエール(現在のオーナー)を中心にその息子3人が、農夫精神 l’esprit de
paysanをモットーに、伝統を重んじながらも最新技術を採り入れた、丁寧なぶどう栽培、そしてワイン造りを行っています。 特に最近は、ワインの評価も高く、海外のいろいろな新聞・雑誌で取り上げられているようです。 インターネットで検索しても「ボルドー格付けに匹敵する品質と味わい」と評価されているようですね。 

タナ(TANNAT)種:フランス・マディラン地方で栽培されているブドウ品種で、非常に濃い色をしています。 「タナ」とはフランス語名称に由来するタンニンから来ており、そのブドウのタンニンは、当然と言って強烈な渋みがあります。葡萄樹の原産地は、バスク。

<ミクロ・オキシジェナシオン Micro Oxygenation>:ラプラス家はミクロ・オキシジェナシオンのパイオニア的存在でもあります。 この技術は樽熟成中に、タンニンとアントシアニンをうまく結びつけ、ワインにより濃く安定した色をもたらし、果実味豊かな味わいを引き出す新技術として南西地方やブルゴーニュ地方を中心に現在取り組みが進んでいます。 簡単に言うと熟成中の樽の底から酸素の泡がでて、その泡の力で澱を循環させて旨みを引き出し、且つステラージュで空気に触れさせてワインの熟成を促すように、泡を循環させることでワインを空気に触れさせるのと同じ効果をもたらす・・・という方法です。 作業の手間が省けるばかりでなく、タナ種を中心としたタンニンの固い品種の味わいを柔らかくする、一石二鳥の技術です。
ラプラス家は1990年から全ての赤ワインにこの技術を用いているそうです。
e0041876_11343415.jpg

e0041876_11385250.jpg
左から
1.Pacherenc du Vic Bilh Sec 2003(白・辛口)
2.MADIRAN Laplace 2002(赤)
3.MADIRAN Ode d'Aydie 2002(赤)
4.MADIRAN Chateau d'Aydie 2002(赤)
そして
5.Pacherenc du Vicbilh Chateau d'Aydie 2003(白・甘口)
この日の一番人気のワインです。 
酒豪がそろっている中で、甘口で一番人気・・
というのはひょっとして快挙!!


全体的に高品質・低価格、造り手の情熱も充分に伝わってくる<買い>のワインでした。

Panda的コメントはこちら
[PR]
by allegria2i | 2005-09-22 12:30 | ワインスクールにて

'04 ボルドー&シャンパーニュ- ⑨サンテミリオン散策

ランチから16:30まではサンテミリオンでの自由行動。  
皆さんは先生と一緒に教会の広場にあるレストランに向かいますが・・・。 一緒に行くと昼間からもれなく<ワイン>が付いてくる状態になること間違いない!!
試飲で既にいい感じに酔っているので、夜のために肝臓を休ませることにして、手近のカフェへ。 鴨のコンヒィを食べることにしました。
e0041876_21243082.jpg
周りから聞こえるのは、ほとんどフランス語・・。 大丈夫かなぁ・・、とちょっと不安です。
今日のランチが<鴨のコンヒィ>だったので、指差し注文=通じました(ホッ)。 
Panda’sのこの日の昼食=鴨のコンヒィ+ミネラルウォーター(ガス入り)。 写真じゃ解かりませんが、これ実はすごい量・・・付け合せのインゲン豆もポテトも・・・2人で1つでも十分。 
ちなみに、皆さんは前菜+メイン(鴨のコンヒィ)+デザート(ワイン付き)だったとか・・。 
Panda’sの3食分くらいの量があったようです。

さて、クイックランチを済ませて散策へと出かけます。 
とりあえずの目的は、『Ch.Ausonne』の畑。 地図を見てもどの道を行くのかわからず、先生が昼食をとっているレストランに行って教えてもらいいざ出発!! Pandaは2度目のサンテミリオンなのですが、前回は旅の中盤、疲れがドドーっと出てしまって、ホテルから出かけられず部屋で1人夕食に果物を食べていました(友人2人は、しっかり飲みに出かけてたのに・・)。 だから翌日に「ワイン列車(遊園地のお猿の電車、ワイン畑巡り版)」に乗って遠くから『Ch.Ausonne』の畑を眺め、ワインを買った思い出しかないんです・・・。 
今回はゆっくりと歩けそう。 ランチがデザートなしだったので、マカロンとカヌレを買ってちょっと糖分補給(勿論別腹です)。
e0041876_21412015.jpg
サンテミリオンの教会。 サンテミリオンは迷路のような小道と坂の街です。この写真は教会の横の坂を下りた広場で撮ったもの(下の写真がその広場)。 サンテミリオンの散策にはかなり体力が必要。 石畳の坂はとても急な上にすべり安く、しかも右側と左側の傾斜が違っていたりして・・・。 とにかく歩きにくいのです。 前回は手すりに捕まりながらも転んでいた日本人観光客に遭遇しました。 とにかく、足元にはきをつけて・・と。







e0041876_21424470.jpg

この広場を抜けて道なりに進むと『Ch.Ausonne』の畑があるらしいので・・直進!! 街並みを抜けるとブドウ畑が延々と続いています。 約15分、道なりにちょっと進むと・・・。
e0041876_21541261.jpg

遂に『Ch.Ausonne』の石柱発見!! さすが、丘の上まで日当たりのよい場所に畑が続いています。 丘の上、100m位上ったところにシャトーが見えます。 城壁の上、というかブドウの要塞っという感じ。 土はかなりの粘土質でドロドロ。 幸せな眺め・・・。 「ブドウ(メルロー)は野趣があって非常に重たい感じです。」とは<夫>のコメント。 

が、今日のPanda’sは畑を見続けていたので何か違うところへ行きたい!! 城砦の跡に登ってみることにしました。
e0041876_21551234.jpg
かなりきつい登りでしたが、サンテミリオンの街が一望出来ます(ちなみに写真左の隅に点々と二粒写っているのがPanda’sなのですが・・解かりますか?)。
気持ちいい~~!!   サンテミリオンは迷路を歩いているようで、町全体が見える場所があまりありません。 見えるのは坂と小道とワインショップ・・。 今まさにその<天然の要塞>が眼下に広がっているわけで・・。 でも、ずっとその場にいるわけには行かないので、降りて集合場所へプラプラと。
e0041876_21574225.jpg
偶然、前回宿泊したホテルの前を通り(左の写真)教会の前からinformationの前を抜けて・・・。 右の写真は坂道の様子。 街のいたるところがこんな坂道か階段・・フウゥ~。
e0041876_21591193.jpg
集合場所の斜め前は『Clos Fourtet』のシャトーと畑。 このワインにはちょっとした思い入れが・・・。 生まれて初めて飲んだバースデーヴィンテージが『Clos Fourtet』。   あまりにも生き生きとしていて<衝撃>を受けました。 私はこんなに疲れているのに・・・。 仕事に疲れていた時期に元気をもらった大切なワインです。

と、こんな感じでサンテミリオン散策は終わりバスは一路ホテルへと向かいます。

この日のお買い物は『Ch. Guadet St.Julien 1998』とマカロンとカヌレ1個。 
でも、たくさんの発見で大満足の一日でした。

Panda<夫>のご機嫌指数:☆☆☆(時差ボケと歩き過ぎでちょっと辛そう)

<次回は バスの中のPanda’aの面白会話集>
[PR]
by allegria2i | 2005-09-21 22:26 | ’04 フランスワインの旅

ソムリエ協会例会

ソムリエ協会西関東支部、埼玉栃木地区合同例会に行ってきました。 Pandaは東関東支部ですが今回は出席可・・・ということで。

Panda家は東京23区内・・限りなく埼玉に近いところにあるので、都心に出るのも会場のある浦和にでるのも同じ時間が掛かります(と言うか・・・浦和の方が近いかも・・)。
会場の『浦和ロイヤルパインズホテル』は、浦和の商店街を抜けたところ。 例によって?ホテルに入ってから例会場まで迷い(ソムリエ協会の例会では、いつもホテルに入ってから迷います・・・案内が少なすぎ!!  もっと親切に案内してくれ~!!)、やっと例会場に到着。

この日のお題は『各国を代表する独自性を持つブドウ品種のテイスティング』
講師は 阿部 誠 氏です。

・オーストリア   :Gruner Veltliner
・ニュージーランド:Sauvignon Blanc
・南アフリカ    :Pinotage
・スペイン      :Temprenillo
・アメリカ      :Zinfande
l             というラインナップ。

夫々のブドウの特性を各国の歴史・気候・風土の話を絡ませながらの講義は、自分の知識を確認し奥行きを持たせるには充分の内容でした。 Pandaはワインのプロではないので、なかなか自分でブラッシュアップさせていくのが難しいし、最新の情報とか流行をキャッチするのも大変。 インターネットでの情報も「売り手」の情報が多く、サービスをする側にいる人の話を聞く機会を得ることは、とても貴重です。 またブドウの特性についての<突っ込んだ>話は、非常に興味深いものがありました。

講義を聴きながらのテイスティングは、かなりの消耗・・・帰宅した時にはもうグッタリでした。

テイスティングワインについてはこちらから
[PR]
by allegria2i | 2005-09-19 12:11 | その他

'04 ボルドー&シャンパーニュ-⑧サンテミリオン『Ch. Guadet St.Julien』訪問~<シャトーにて>

前回に登場した<ノックをする手の形>のドアノッカーがついてドアを入って奥に進むと。 
中庭に沿って醸造所(といってよいか・・本当に小規模)があります。

タンクはコンクリート製で内部を樹脂加工してあるものが4つ。 このタンクは厚みがあり温度変化に強いとのこと。 タンクで発酵が終わったものは樽に移して発酵させます。
e0041876_10461069.jpg
 
左は圧搾機(まだ現役)。右は樽庫。1階にあります。あまり樽香が強いワインを好まないので、新樽比率は40~60%、フレンチオークを使用しています。 
写真に写っている樽には2003年のワインが入っているそうです。 

樽庫では目減り分を8日に一度足し(42本分くらいのワインが蒸発しているそうです)、3ヶ月に一度澱引きを行います。

最後の清澄作業には昔ながらの<卵白>を使用。 60%はプリムールで売られ、残りの40%は瓶詰めをし、地下のカーヴで熟成させます。

いよいよ地下カーヴへ・・。 井戸の中に下りていくように梯子を降りるのです(写真・上は梯子を降りるPanda<夫>とPanda)。 正直、かなり怖かったです。 で、降りると・・・降り口からは想像出来ないほど綺麗で広い天然の石灰岩を掘ったカーヴが・・(写真・下)。
e0041876_1047534.jpg
 
サンテミリオンでも美しさでは指折りのカーヴだそうです。 年間を通して温度11℃、
湿度75%
位に自然に保たれているとのこと。
「ワインは人間と違って、真っ暗で静かなところが好きなんです」とはオーナーの言葉。
e0041876_10485210.jpg

左は<E.Guadet>のレリーフ。 フランス革命時、力のある弁護士でシロンド派(ブルジョワ階級の穏健派)のリーダーでした。 革命後、派閥抗争に破れ・・等でパリ追われて一時お爺さんの家であったこのカーヴに隠れていたとか・・。 発見されて1794年ギロチンで処刑されたそうです。 エチケットにもこのレリーフがデザインされています。
そして、このカーヴには歴代の『Ch. Gadet St.Julien』の他にオーナーのプライベートコレクションのワインも眠っています。 1889年のラフィットもあるとか・・・。
e0041876_10493542.jpg

いよいよ試飲。2001年と1998年です。

2001年:色はとても綺麗な赤で赤い果実、黒い果実のフレッシュな香りがします。 樽香はあまり感じられません。 タンニンは柔らかく口に含むと香りが膨らんでいきます。 強い個性はありませんが、余韻も程よく長く続き、ゆったりとした気持ちになります。 
1998年:色は2001年とあまり変わらないが、果実の香りにきのこ類の香りが加わり複雑になっています。 香りの膨らみはさほど変わらないものの、香りを嗅いでいると更にゆったりとした気持ちになる感じです。 タンニンは2001年よりも強い感じがしますが、強い収斂性を感じるほどではなく程よい主張をしながら喉→食道→胃と落ちていく感じがします。 非常にバランスがとれた優しいイメージのワインです。
(これ、ICレコーダーに自分で録音したコメントなんですけど、後から聞くと気恥ずかしいものがありますね。)

Panda<夫>のご機嫌指数:☆☆☆☆(少しお疲れ気味?)

<次回は、昼食&サンテミリオン散策です>
[PR]
by allegria2i | 2005-09-17 10:59 | ’04 フランスワインの旅

Cloudy Bay 『TE KOKO』

e0041876_1024045.jpg

Pandaの大好きなニュージーランド(マルボロ)の造り手『Cloudy Bay』
幻想的なエチケットもお気に入りの理由の一つ。 眺めているとなんだかホっとします。

ワインを飲み始めて最初に飲んだニュージランドのワインが『Cloudy Bay』でした。 今から8年くらい前(ワイン暦10年弱です・・)。 シャルドネとソーヴィニヨン・ブランを飲んだときの衝撃は、今でも覚えています。 果実実が溢れ、奥行きがある品の良い樽香・・・。 特にソーヴィニヨン・ブランの清々しさは強烈な印象でした。

昨夜、ワイン好きの友人がPanda家に来る・・というのでCloudy Bayのなかでもレア品、と言われている『TE KOKO』を飲むことにしました。 ヴィンテージは2001
通常のソーヴィニヨン・ブランでさえ衝撃を受けたのに、その上をいくワイン・・期待せずにはいられません。 厳選されたブドウ、自然酵母による長期醗酵と長期樽熟成。 時間をかけてじっくりと醗酵されたブドウはどんなワインへと進化しているのか・・・・。

色は輝く追うな緑を帯びたレモンイエロー。 やわらかくてふくよか・・・ピンクグレープフルーツ、熟したパイナップルの芯(濃厚な中にもちょっと青みがある香りなんです)、タイム・チャービルのハーブの香り・・。 花系よりは、柑橘類などのフルーツとハーブの香りが印象に残りました。
奥行きも深く、体中に広がっていく感じ。 わずかに残る樽香が品良くアクセントになります。

癒しのワイン・・そんな言葉がぴったりの『TE KOKO』でした
[PR]
by allegria2i | 2005-09-15 10:26 | お気に入りの一本

'04 ボルドー&シャンパーニュ-⑦サンテミリオン『Ch. Guadet St.Julien』訪問~<畑にて>

サンテミリオンに到着。 世界遺産の中で唯一シャトーがあり、ワインを造っているところ。  城壁の上にもちょっとしたブドウ畑があったりします。 シャトーは勿論ですが、迷路のような中世の面影が残る街並みも楽しみ。
<夫>は「中世の城砦のようだ、すごい」と早くも興奮気味(中世、大好き人間なもんで)。

まずは『Ch. Guadet St.Julien』の訪問から・・・。 といきたいところですが、時間調整のため一度街の中心へ。 畑にはトイレがないので、トイレタイム。 通常はinformationにあるトイレを利用するのですが、この日は祝日のためclose。 で、街中の公衆トイレを使用しました。 下の写真が公衆トイレがあるところ。 こんな環境に公衆トイレがあるなんてさすがは世界遺産。 並んでいる時間も苦にならなかったりして・・・。
e0041876_109915.jpg

と、一同すっきりしたところで『Ch. Guadet St.Julien』へ向かいます。 街中に入るとすぐに<ノックをする手の形>のドアノッカーがついている家がありました。 実は先ほど前を通り過ぎ、このノッカーが「かわいい」と話題になっていたのですが、案内の加藤さんがそのドアを叩いているではありませんか。 一同びっくり。 だって、本当に<普通の家>なんです。
後でわかったのですが、サンテミリオンの街中にあるシャトーは間口が狭く奥行きが広い<京都の町屋>のような造りになっているのです。 しかも、地下には広々としたカーヴが広がっています

まずはご挨拶の後、畑へと向かいます。 場所はサンテミリオンのinformationの道を隔てた向かい側『Clos Fourtet』の畑のすぐ近くになります。 畑の中でシャトーの由来などの話を伺います。 このシャトー、日本ではほとんど紹介されていないので少し長くなりますが説明も兼ねて様子を詳しく書いていきたいと思います。

e0041876_10193819.jpgエチケットと
オーナーの
ギ・ペトリュス・リニャック氏

畑にて・・・・続きはこちら
[PR]
by allegria2i | 2005-09-14 10:29 | ’04 フランスワインの旅

今日は日本酒・・・

ワインブログと言いながら・・・実家で美味しい日本酒を飲んだのでその紹介です。
Panda<父>は娘とは違い、若い頃はかなりの酒豪・・今は量よりも質になっているようで、たまに顔みせに出かけると、美味しい日本酒が出てきます。
e0041876_21193747.jpg
広島県三輪酒造の『清酒 神雷/純米吟醸生酒』です。 
蔵に雷が落ちたことに由来して&<信頼>にもかけて
『神雷』 
やや辛口のお酒で、すっきりした飲み口が特徴
純米ならではのコクがあり、香りもとても華やかでフルーティーでした。
飲めないPandaもお猪口に1杯頂いちゃいました!!





『千本錦』のラベルに気づきました?
「千本錦」は大吟醸酒の酒米「山田錦」の特性を活かしながら、広島の気候風土に適するように育成した"広島オリジナルの新品種" 。 千本錦100%で、且つ広島県内の清酒製造場でつくっていること・・・などなどの条件をクリアしているお酒にだけ使用可のラベルなんだそうです。

何だか、ひたすら「広島カープ」を応援する父(広島出身)の郷土愛も感じてしまうお酒でした。

生酒なので、どんどん状態が変化していって楽しいですよ。 
秋の夜長、たまには『日本酒』もいいかも・・・。
[PR]
by allegria2i | 2005-09-12 21:32 | その他

'04 ボルドー&シャンパーニュ-⑥ポムロール&サンテミリオンの『畑』訪問?<残り2つ・・>

またまたバスで少し移動。 
バスが大きいので、乗り降りが大変でそれだけでも結構な運動量。
e0041876_16372146.jpg

『Ch.L'Evangile』に到着しました。 サンテミリオンとの境界に近い、恵まれた場所にあるシャトーです。 ここは現在ロートシルト家の所有で、倉庫(醸造所?)の建物の雰囲気がどことなく似ている感じ(まだ、写真しか見たことがないけど・・・)。 倉庫の壁に『L'Evangile』と書かれているのが唯一の手がかり。 周囲にはただ畑が広がるのみです。
e0041876_1638915.jpg
『Ch.L'Evangile』の畑。 結構ブドウが摘み残されています。 畑越しに遠くのほうに『Ch. Chevaal Blanc』が見えているんですけど・・わかるかなぁ。 

ポムロールとサンテミリオンとの境界線は一本の小川。 たった一本の小川で土壌がガラっと変わってしまうのですから・・・。 確かにワインは神が造ったものなのかも・・なんて思いながら眺めていました。 

<夫>はこんなこと録音していました。「メドックとは醸造の規模が違って、こちらでは小さな農家が職人芸でワインを造るという感じです。」確かにそうなのですが・・まだメドックに行ったことがないはずなんですけど・・。

『Ch.La Conseillante』までは畑の中1本道(道幅が狭くとも一応国道)を歩いて移動。

e0041876_16342641.jpg
国道沿いに石柱があり、『La Conseillante』と刻まれ、100m程奥にシャトーが見えます。 ブドウはやはり甘くて美味しいです。 先生はメルローとカベルネ・フランの葉の形の違いを説明していますが実物だとわかりにくいんですよね。 本の絵だと良くわかるのに・・・。
e0041876_16353148.jpg
現在、畑の半分くらいは植え替えのためか更地になっていました。 
左が『La Conseillante』のブドウ。 たぶんメルロー? でも、フランかも・・・。 
超微妙・・・(先生、もしこのブログご覧だったら、どちらなのか教えてください)。

これでサンテミリオンのシャトー訪問前の畑巡りは終了。 この時点の時刻、11時前です。 これからが本番・・・長い一日になりそうです。

<Ch. Gadet St.Julien 訪問に続く>
[PR]
by allegria2i | 2005-09-11 17:02 | ’04 フランスワインの旅
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー