美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:デイリーワイン( 18 )

Michel Torino Coleccion Torrontes 2008

e0041876_11515296.jpg
Michel Torino Coleccion Torontes 2008

『トロンテス』はアルゼンチンの固有の品種らしいです。
爽やかな飲み口の切れの良い辛口。
香りは、フレッシュなトロピカルフルーツ系&ジャスミンの花のような・・・
とにかく南方系の香り満載のワインでした。

フルーツを使った料理にあわせたらドンピシャ!!
こちらの作り手、本当にコストパフォーマンス抜群です。
見つけたら、絶対に一度お試し下さい!
[PR]
by allegria2i | 2009-04-14 11:55 | デイリーワイン

La Vieille Ferme 2006

e0041876_2234025.jpg
La Vieille Ferme 2006

Côtes du Ventoux〈 コート・デュ・ヴァントゥー 〉はフランス ローヌ河流域、南部地区のAOC。
グルナッシュとサンソーが50%ずつとは言え・・・・
あまりにも赤すぎるロゼワイン。。。。

味もパワフル、香りもロゼなのに赤い果実の香りがしっかりと・・・・。
今回は鰆のバルサミコソース等とあわせましたが、
エチケットにある<鶏>、、、、それも<焼き鳥(タレ)>を片手に
グビグビっと飲みたい(あまり飲めないけど・・・・)と思わせる力のあるロゼでした。

それにしても、、、、、ロゼにもいろいろあるものだぁ~。。。。
[PR]
by allegria2i | 2009-04-01 22:18 | デイリーワイン

プロセッコとロッサート

e0041876_15331247.jpg
このところ・・・デイリーワインUPが続きます。。。。
自宅で高級ワインを飲む機会がなく・・・・(それが普通ですよね??)

上の2本は、昨日の料理教室で料理にあわせてセレクトしたデイリーです。
お値段は¥1,000代全般、デイリーはこのくらいの値段までが気兼ねなく飲めます。。。。

『プロセッコ』はイタリア料理につきもの・・・というか、
汗ばむ季節になると「とりあえずビール」ではなく「とりあえずプロセッコ」を飲みたくなります。
アルコールに弱いPandaでさえ「とりプロ」です!!
こちらはドライなので、料理を食べながらでも充分美味しくいただけます。
温度が上がっても、苦味が出ずにしっかりとしていました。

で、肝心の『ロッサート』・・・
なんと飲んでしまった後(教室でバタバタしていたので)で色がまったく判りませんね。
オレンジ色系の色目が比較的しっかりした感じのロゼです。 ブドウはサンジョベーゼ。
グラスに注いだままで口に運ぶと、明らかにケミカル香(ゴム系)がしました。
が、しっかりグラスを回してその香りとアルコールのツンとした香りを飛ばしてしまうと
ブドウ本来の甘くてしっかりした香りが出てきました。 辛口、スッキリ系。
バルサミコ風味の魚料理には、丁度良い感じの香りと味でした。

どんな料理とあわせたのか、興味がある方はこちらをどうぞ。。。
[PR]
by allegria2i | 2009-03-16 15:45 | デイリーワイン

アルゼンチンのピノ・ノワール

e0041876_1123761.jpg
Michel Torino Coleccion Pinot Noir 2008

いつも行く酒屋さんで、超お薦めだったのもので・・・・恐々買ってみました。
値段が¥777(消費税込み)、アルゼンチン産・・・・どことなく不安でしょう。。。
チリ産のワインが体質的に飲めない(たぶん、亜硫酸が多いのではと思います)ので
隣国アルゼンチンを買うのはとってもドキドキだったのですが、
こちらのワイナリーではヴィオも手掛けている、とのことでしたので、
だったら、あまり余分なものをたくさんは使っていないかなぁ~なんて思いまして。。。

抜栓した途端に、、、、、甘~い濃いべりーの香りが漂い・・・・とにかく色が濃い。。
カベルネかシラー??と思うほどに、しっかりとした色合いです。
が・・・・飲んでみるとやっぱりピノでした。 
青っぽい香りや鉄っぽい後味はまったくなく、若いのに柔らかな細かいタンニン。。。
ピノのポテンシャルの高さを再確認した気がしました。
まぁ、、、、ガメイと言えばカメイっぽいのですが、親戚筋に当るわけですから・・・・
アルコール度数が13・5度とPanda的には高かったので、あまり量は飲めませんでしたが
余韻もそれなりに楽しめる・・・というか、¥777だったら出来すぎな感じ。

一緒に食べた<豚のすき焼き>の甘い味&牛蒡のかおりとも良くあってました053.gif

先日の南フランスのピノとも違うし・・・・・やっぱりワインは楽しいですね。
[PR]
by allegria2i | 2009-03-14 11:36 | デイリーワイン

南フランスのピノ・ノワール

ピノ・ノワールはブルゴーニュ・・・なんて思い込んでいませんか??
早飲みをするなら、少し暖かい気候の地域のピノ・ノワールがお薦め。。。

とはいえ、暑すぎると・・・・
皮が厚くなってタンニンが強く、酸味のバランスも崩れてしまうので
その辺りが難しいところ。。。。
e0041876_1136181.jpg
Domaine Astruc ピノ・ノワール2007

ラングドックVin de Payのピノ・ノワール。
上代¥1,000代全般、とお手ごろ価格です。

2007年がどんな気候だったかは、すっかり忘れましたが
(確かラングドックの方はあまり良くなかった???)
タンニンの酸味のバランスが良く、
アルコール度数13.5%の割にスルスル飲めてしまう。。。
少しガメイのニュアンスも感じられ(まぁ、親戚ですから・・)、
赤い果実の作りたてのコンヒィの香りが
、初々しい感じで飲んでいて楽しくなりました。

こちらの作り手・・・・いろいろな品種を手がけていますが
お薦め一番はピノ・ノワールとシャルドネ、
次にソーヴィニヨン・ブランとミュスカデ。。。
(我が家は白ワインを飲む機会が多く少々偏っておりますが・・・)

いずれにせよ、とってもコストパフォーマンスが良いので
見つけたら買ってみても、損はないと思います。
[PR]
by allegria2i | 2009-03-05 11:45 | デイリーワイン

カストルッシオ・ロッソ [2005] イ・カンペッティ

e0041876_15111763.jpgカストルッシオ・ロッソ [2005] イ・カンペッティ
Castruccio Rosso 2005 I Campetti 


10月の料理教室のときにお出ししたワインです。
イタリア・トスカーナ産のサンジョベーゼ主体の赤ワイン。
カテゴリーはモンテレッジョ・ディ・マッサ・マリッティマというDOCになります。
サンジョベーゼ主体(80%)ということで、有名なキャンティと似たニュアンスですが、
サンジョベーゼ特有のタンニンや酸味が穏やかで、家庭料理にあわせるにはピッタリ!!
輸入元がユーロ高の時に仕入れたので、1,500円前後と少々お高めでしたがコストパフォーマンスは抜群だと思います。

コチラのお店で買いました(通信販売有り)。

*やっとユーロが下がってきました053.gif
 少しは欧州産のワインや食材の値段が下がると良いのですが・・・・。
 (効果がでるのは、年明けかな?? しばらく、この状態が続きますように。。。)
[PR]
by allegria2i | 2008-10-23 15:18 | デイリーワイン

ラ・セーサ・マルヴァジア・ディ・トスカーナ [2006] イ・カンペッティ

何だか、とっても久しぶりに・・・・ワインの記事をUPしているPandaです。。。

e0041876_14261515.jpg
"L'Accesa"Malvasia di Toscana
ラ・セーサ・マルヴァジア・ディ・トスカーナ [2006] イ・カンペッティ


名前の通り、トスカーナで造られたワイン。
イタリアではポピュラーな品種<マルヴァジア>で造られています。

・・・・・正直、、、、
この品種には、差ほど期待も思いいれもなく、
今まで飲んでいるはずなのですが、印象も薄く・・・・
どんなもんだろうかぁ~と料理とあわせてみました。

単一ではなく100種類以上もあるマルヴァジア種の中の2種類で造られているせいなのか・・・
柑橘・ハーブ系でスッキリしつつも、、、イタリアンに合う感じの適度な複雑さと厚み・・・。
なかなかグーッな感じです。
ちょっとだけ感じる甘みが、さつまいものリゾットと良く合います(かなり満足053.gif

ユーロが一番高い時期に仕入れをしたらしく・・・
いつもよりもちょっとお高かったですが、、、、
コストパフォーマンス的には072.gif072.gif072.gif072.gif

コチラのお店で買いました(通信販売有り)。
[PR]
by allegria2i | 2008-09-24 14:35 | デイリーワイン

お手ごろワイン 

遅くなりましたがぁ~、、、、、
先週の土曜日に『パスタとワインの会』をPanda宅にて開催しました。
e0041876_10101471.jpg
ワインは2000円台以下のカジュアル&デイリーに飲めるものばかり・・・。
値の張るものばかりでなく、こんなワインでワイワイするのも楽しいものです。
ワインに詳しい方から初心者の方まで・・・幅広いあつまりでしたので、ワインも幅広く楽しめるものを用意しました。

あわせた料理はこちらをご覧下さい。

ワインの簡単解説&感想は・・・・・
[PR]
by allegria2i | 2008-08-17 10:27 | デイリーワイン

夏はオーストラリアの動物達・・・・

e0041876_11372894.jpg

夏は何といってもキリっと冷やした白ワイン・・・・
最近はワインも値上がり気味で・・・・1000円近辺の納得できるデイリーワインを探すのに
一苦労です(ちなみにPanda家では1本/1週間で消費)。

このところのお気に入りは<オーストラリア・動物シリーズ>。。。
といっても、上の2本醸造所は違うのですけど・・・・。
オーストラリア特有のトロピカルフルーツっぽい香りなのに、キリっと辛口なところに
すっかり嵌り込んでおります(値段も安いし・・・)。

個人的には・・・・カモノハシくんの方が好きです。。。。
[PR]
by allegria2i | 2008-07-09 11:41 | デイリーワイン

料理とあわせて楽しむ・・・・

e0041876_11181153.jpg
イタリア料理にあわせるのは、大抵イタリアかスペインのワインが多いのですが。。。
今回はちょっと冒険して、、、、フランスと日本のワインを合わせてみました。

左:ペティアン(マルセル・ラピエール)
中央:アルザス(マルセル・ダイス)
右:ブラッククィーン(日本・勝沼産)

天然発泡酒のペティアン、開ける時期によって味わいが違うのがまた楽しいのですが
それだけ料理にあわせるのが難しい、、、、
今回は『根菜のラザニア風』とあわせてみましたが・・・う~ん、ちょっとワインの方が強かったか。。

マルセル・ダイスのワインはあまりに繊細すぎて、これまた料理との相性が難しい、、、
Panda風の『ペペロンチーノ』はにんにく・唐辛子の刺激をかなり押さえ込んでいるので
ワインと料理の相性は・・・・まぁまぁ、といったところ。。。

今回の大当たりはブラッククィーン。 日本のワインの底力を感じるワインでした。
『豚の紅茶煮 プラムソース』とあわせたのですが、、、、
ワインの後味とソースの風味が抜群に相性良く、
ワインを飲めば料理が欲しくなり、料理を食べるとワインが欲しくなり・・・・ひさびさ感動しました!

それにしても、、、、
ワインと料理・・・両方とも満足できるようにあわせるのは本当に難しいですねぇ~。
[PR]
by allegria2i | 2008-03-19 11:27 | デイリーワイン
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31