美味しいwineを求めて

allegri2i.exblog.jp ブログトップ

モンテプルチアーノ『CONTUCCI』訪問

遅くなりました・・・イタリア留学中に一箇所だけ訪問したカンティーナ(ワイナリー)をご紹介します。

フィレンツェに留学していたPanda・・、一番近いChiantiでもなく、有名なMontalcinoでもなく、Montepulicianoを訪ねました。 なぜなら・・町を見たかったので。 
カンティーナは「もしどこか訪問できるところがあれば・・」とトスカーナガイドの『清美&ジャン・クロード』ご夫妻にお願いし、最終的にガイドなしでオープンで公開している『CONTUCCI(コントゥッチ)』を訪問することに。

ここには<コジモ>という名物おじさんがいて、日本の新聞・雑誌(かなり古かったけど)やアメリカなどなど、いろいろな国の新聞・雑誌で紹介されています。 

Pandaは、イタリアの「大樽」が見られれば・・くらいの軽いノリだったのですが、なかなかどうして・・・見ごたえがありました・・。

ちなみに・・・『CONTUCCI(コントゥッチ)』の所有している畑はカタログによると2,066ha。 
黒ブドウがメインでVino Nobile di Montepulciano用 1,502ha、
Rosso di Montepulciano用 284ha、
Rosso del Sansovino用 145haとなっています。
いずれも3種類の黒葡萄を混醸しており、試飲した時の印象は「優しくて飲みやすい」でした。 モンタルチーノに比べると、小柄ですが熟成が早く食事にあわせやすいのではないでしょうか。  

e0041876_10131290.jpg

これが大樽。 といっても、大きさが良くわかりませんが・・・。 
上のガラスみたいなのは、樽の中の醗酵の度合いを見るものだそうです。
ガラスに液体があがる=樽の中にガスが溜まっている(=液面が下がっている)ので、目減り分を足す作業を行います。

樽は使用後、ろうそくを持った(ガス中毒を防ぐため)人間が樽の中に入り汚れた部分を削り何年も使い続けるのだとか・・・。 左の写真の下の部分、ちょっと色が変わっている小さな部分=人間の頭よりちょっと大きいところから入るのだそうです。 

e0041876_10135161.jpg

目減り分補充作業の様子。 梯子と人間が写っているので樽の大きさがわかるかも・・・。

e0041876_101464.jpg

こんな怪しげなプライベートカーヴもありました。


e0041876_10144990.jpg

グランデ広場(モンテプルチアーノで一番大きな広場)に面した『CONTUCCI(コントゥッチ)宮』。 実はすごい名家のお金持ちなのです。 1階部分は昔のキッチンの面影を残したワインショップに・・。
ガイドの清美さんは「以前来たときのほうが、観光化されていなくて良かったのに・・・」とおっしゃっていましたが、古い台所用品などはなかなか見る機会がないので、興味深く見学、楽しい<カンティーナ訪問>でした。
[PR]
by allegria2i | 2005-11-23 10:22 | イタリアワイナリー訪問
line

板橋区在住、主婦時々イタリア料理教室の先生 Pandaのwine日記


by allegria2i
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31